平成の名水百選(清左衛門地獄池湧水)

  清左衛門地獄池が平成の名水百選に選定されました
平成の名水百選は、全国で162点の応募の中から100地点選定され、神奈川県では本市の狩野清左衛門地獄池が選定されました。
南足柄市は「金太郎のふるさと」として知られ箱根外輪山東山麓には湧水群や自噴井戸群が広がっています。この地域を代表するのが良質で豊富な水量を有する「清左衛門地獄」の湧水で主に工業用水として利用されています。

  また、地元住民による周辺環境の整備活動が活発に行われていて、池を巡る散策路や池の水を利用した高さ5mの滝など湧水公園が整備されています。

 この湧水は、昔、昔、この地域が水不足で農地が荒れていたが、清左衛門という人が水源をさがしにここまで来ると乗っていた馬もろとも地中深く落ちこんでしまいました。そして、そこから勢いよくたくさんの水が湧き出し、村人は飲み水、水田の用水に困らなくなり、それからは土地の人が行って「清左衛門」、「清左衛門」と呼ぶといっそう勢いよく水が湧き出してきたという話が伝わっています。


アク
セス

鉄道の場合
伊豆箱根鉄道大雄山線「富士フイルム前駅」下車徒歩約20分

自動車の場合
東名高速大井松田インターより大雄山方面へ約20分大雄橋左折直進後、瀬戸商店右折道なりで約1分
小田原方面から
県道小田原・山北線狩野交差点左折して直進、久保入口左折して直進後、瀬戸商店右折道なりで約1分